IT最前線

と言いつつ、IT以外も。。。

IT関係のコミュニティ

CODE FOR xx

浜崎あゆみの「song for xx」ではありませんが、世の中にはCODE FOR xxというものがございます。

 

xxに入るのは地域名で、私が住んでいるところであれば、「CODE FOR IKOMA」となります。

 こちらは、地域の課題をCODEの力で解決するという目的の元運営されていますが、運営されている集まりによって、だいぶ色が違うようです。

 実際にアプリを作ったり、作ったアプリを発表したりという事があるようですが、地域の課題を解決するというのは、商売にもつながるアイデアにもなるのではないでしょうか。

 組織の構成ではIT以外の方が運営されておられますし、異業種の方でも参加されるのは、人としての幅が広がって良いと思います。

 

コーダードージョー

 

 非営利目的で運営されているアイルランド発祥のプログラミング教室で、対象は7歳〜17歳、日本では80箇所くらい(2017年時点)運営されています。

 

 scratchなどを用いてプログラムを作成するわけですが、指導する方は何かの課題を与えるわけではなく、子どもたちが作りたいものを「こういう風に作るんだ」と教えるわけではありません。

 

 あくまで、子供たちが作りたいものに対して、一緒に悩んだり、できたら褒めてあげたり、サポートしてあげるのが運営者とメンターの役割です。

 

 私が子供の頃は、MSXでゲームを作ったりする子がいましたが、ごくごく少数で、学年に2〜3人いたら珍しいという程度。カセットテープでゲームとか作ってた子がいました。

今は、小学生がパワポが使えたりするようです。時代も変わりましたね。

 

 

あまり仕事では触れる事のない技術も教えたりされているので、業務系が主な方には新鮮に映るのでは思います。